+今日はトト、明日はパスタ+
わが家のビープー(ビーグル&プードル)
コンビのマーキング日記。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : posted by スポンサードリンク
183日。
あの日から6ヶ月。

3.11のあと、犬飼いとして、当然被災したペットたちのことも
気になった。

被災後、愛護団体をはじめ獣医さん、そして一個人など、多くの方が
保護活動に携わっていた。

被災地から遠く離れたわが家は、それをネットやニュースで見るだけ。
できることは限られていた。

いくらかの募金。

他になにかできないだろうか?

目にしたのは、愛護団体の一時預かりボランティア募集。

マンション住まいで、すでに犬が2頭いる。

わが家が預かれるとしても、せいぜい1頭くらい。

被災地まで送り迎えできる(当時はまだ休日の高速料金が上限
1000円だったため)ことも付け加えて、エントリーした。

メールで応募したけれど愛護団体からは、何の連絡も
来なかった。(9月11日現在)

その後、別の愛護団体にも、一時預かりボランティア
希望のメールを送った。

数日後、メールの返事が来た。
一時預かりボランティアの募集が多数あり、今のところ
お願いしなくても大丈夫な状況ですと。

あれから数ヶ月、愛護団体では、今なお一時預かりボランティアの
募集をしていて、施設には多くの犬猫がいる。

そして、物資と寄付金を募る。

なぜだろう?

誤解を恐れずに言うと、犬猫が手元にいないと、物資や寄付金が
集まらないのだろうか?

3.11のあと、もし、わが家が被災したら・・・
と考えた。

家は失ってしまったけど、家族とペットは無事だったとする。
とりあえず、わが家はクルマ生活。
犬(現在はネコも)がいるから、避難所はムリ。

当分は、車中生活ができるとしても、家の再建や町の復興のことを
考えたら、トトやパスタをだれかに預ける方が動きやすい。

お金を出して、預ける余裕もないだろうから、やはり
無償で預かってくれるところを探すしかないだろう。

そのとき、愛護団体が一時預かりしてくれたとしても、被災した
ペットは、おそらく仮設の施設。

こんな事態だから、仕方がないかもしれないけど・・・。

遠く離れた場所でもいい、たくさんの犬がいる施設ではなく、
どこか一般の家庭で、再建のめどがつくまで、預かってもらいたい。

それが、私たち夫婦の一致した考えだった。

そんな思いから、わが家は一時預かりボランティアに応募した。

実際、一般家庭に保護されてる被災ペットもたくさんいる。

けれど、まだまだ多くのペットは愛護団体の施設や、
仮設施設に。

例え被災地から離れてたとしても(実際、被災地から遠く
離れた愛護団体に保護されている犬がいる)、一般家庭で
1頭だけなら、一時預かりできると言う人はいるのでは
ないだろうか?

犬や猫を飼ってる人ならなおのこと。

1頭だけなら預かれる人が、何人か、何百人か、何千人かいれば、
多くの被災した犬猫たちを、支援できるのではないだろうか。

愛護団体にとっても、犬猫の搬送は大変だろうけど、犬猫を毎日
世話するボランティアや場所を確保するより、人も経費も軽減されるの
ではないかと思うのだけど・・・。

3.11から、わが子のことを考えると、こんなことが頭の中を
ぐるぐるめぐる。

保護活動に携わってる方の多大な尽力と慈愛に感謝しつつ。

のん太のつぶやき : - : - : posted by のん太
スポンサーサイト
- : - : - : posted by スポンサードリンク
<< NEW : TOP : OLD>>